花後のアメジストセージ(サルビアレウカンサ・メキシカンブッシュセージ)

2018.11.02 10:07|季節の花
朝晩の冷え込みも日に日に増していきます。
虫の音に秋を感じます。

アメジストセージ11月に入ると、紫色の萼(がく)も白っぽくなり、そろそろ終わりに近づいてきました。


花の終わりのアメジストセージ



これから葉っぱがどんどん黄色くなります。


黄色くなった葉っぱのアメジストセージ


アメジストセージ(メキシカンセージ)

花後の手入れ


花が終わったら、切り戻し(剪定)をします。
根元から15cmから20cm程度を残して、バッサリと切ります。

来年また咲かせる手入れです。
冬になる前に行います。

アメジストセージは、宿根草(しゅっこんそう)です。
冬に地上部が枯れても、根まで枯れていなければ毎年咲きます。


アメジストセージの育て方・手入れ
詳しくは

庭植え(地植え)のアメジストセージの育て方 を見る
詳しくはこちら



山崎造園は、エクステリア(外構工事)・ガーデニング・造園の設計・施工を行っています。
アメジストセージ(メキシカンブッシュセージ)が一面に咲く花畑の植栽・手入れ・管理などもご相談ください。


山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ








テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 剪定 庭の手入れ 花後 花壇

コメント

非公開コメント

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

yamasaki-zoen

Author:yamasaki-zoen
兵庫県宍粟市にある老舗造園業の「山崎造園」です。
庭木の手入れ・剪定・植栽1本から対応しております!エクステリア外構工事、造園土木工事はもちろん、坪庭や茶室の庭園、空き家・空き地の庭管理、倒木や枯れ木の撤去や移植、建物周囲の垣根・庭工事・増改築、庭のタイル磨き、季節の花の入れなどお気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR