2017.02.27 11:14|季節の花
ツバキ(椿)は古くから品種改良が盛んに行われ、多くの園芸品種が作られています。

ツバキは別名で耐冬花(たいとうか)ともいいます。

ツバキの漢字は[木]と[春]で 椿 、国字(和製漢字)で「春に花が咲く木」という意味です。


ツバキは、古くから茶花(ちゃばな、茶の湯の花)としてよく使われています。
(茶花(ちゃばな)とは茶室の床(とこ)の間に飾る花のことです。)


早咲きの椿

カンツバキ(寒椿)は、寒の時期から咲き出す早咲きの椿です。



ツバキ(椿)の剪定は、花が終わった直後、4月~5月頃に行うように~とされているのですが、5月に入るとチャドクガ(茶毒蛾)が発生することから、卵が孵化(ふか)する前を狙い、3月-4月に行うことが多いです。


チャドクガの幼虫

(チャドクガの幼虫)

チャドクガ(茶毒蛾)は、毒を持つ毛虫です。触れると毒毛によりカブれます。
幼虫も成虫も毛に毒を持っています。成虫は、ガ(蛾)になります。



チャドクガが好む植物は、ツバキ、サザンカ、チャノキなど「茶の木」です。ツバキ科の植物にはよくつきます。

秋、葉裏に産み付けた卵はそのまま越冬し、4月下旬頃になるとふ化した幼虫は葉裏に群棲(ぐんせい)して葉を食害します。
幼虫が一番発生しやすい時期は年2回(5-6月と8-9月)です。

チャドクガの被害にあった葉は枝ごと切り取って処分します。常に風通し良く剪定しておき、定期的に葉っぱの裏を確認するようにします。


「庭木の剪定」 ツバキ(椿) を見る
詳しくはこちら


チャドクガ(茶毒蛾)が発生する前の予防方法は、花後の剪定で早期駆除します。

花後のツバキ、枝が混んでいたり、うっそうとしていませんか?
山崎造園では、ツバキ類の「春と夏の剪定」を行っております。


山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ





テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 剪定 花木 庭の手入れ ツバキ 害虫

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

yamasaki-zoen

Author:yamasaki-zoen
兵庫県宍粟市にある老舗造園業の「山崎造園」です。
庭木の手入れ・剪定・植栽1本から対応しております!エクステリア外構工事、造園土木工事はもちろん、坪庭や茶室の庭園、空き家・空き地の庭管理、倒木や枯れ木の撤去や移植、建物周囲の垣根・庭工事・増改築、庭のタイル磨き、季節の花の入れなどお気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR