2018.11.13 23:14|季節の花
コムラサキ(小紫)」があるお庭です。
 コムラサキは「コムラサキシキブ(小紫式部)」ともいいます。

こちらのお宅は、自然樹形を楽しもうと、何年も放任していたそうなのですが、
「今年は...天候のせいか、枝が見苦しく混み合ってきた」とのご相談でした。


コムラサキ(小紫)コムラサキシキブ(小紫式部)の病気



そして...(!?) 葉が痛々しくボロボロに・・・。゚(゚´Д`゚)゚。


コムラサキ(小紫)コムラサキシキブ(小紫式部)の葉っぱに毛虫?!


暑かったり豪雨だったり、今年は植物も辛かったと思います。


痛んでいない葉っぱがないくらい...でした・・・。


コムラサキ(小紫)コムラサキシキブ(小紫式部)の手入れ

(写真:コムラサキの痛んだ葉っぱ;)



コムラサキ(小紫)毛虫さんがよく来ます。。。
 意外と発生率が高いです。
毛虫さんが食べた葉をそのままにしていると、キズ口から変色していきます。見つけたら取り除いてください。

---とはいうものの...この 葉っぱ は、カビが原因の病気のようです・・・。


コムラサキ(小紫)は、晩秋から冬落葉期剪定時期です
樹形整えるには古い枝付け根から切り落として、新しい枝を育てるようにします。



コムラサキ(小紫)ムラサキシキブ(紫式部)も、手入れ剪定方法同じです。
詳しくは
ムラサキシキブ(紫式部)とコムラサキ(小紫)の見分け方・違い
植栽・剪定・手入れ を見る

詳しくはこちら




コムラサキ(小紫)の成長が弱い...、実が付かなくなった...等など、
庭木が大きくなり過ぎて手に負えなくなった際もお気軽にご相談ください。


山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ











テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 剪定 庭の手入れ 植栽 生垣

2018.11.06 08:30|季節の花
ススキ穂(ほ)が綺麗な季節になりました。


ここはいつも歩いている道。
「おやっ」( ゚ ▽ ゚ ;)ッ!!

石積みの塀の隙間からススキが生えました。


塀の隙間からススキが生えた


周囲を見ると、目の前の芝生にもススキが繁茂していました。


ススキの穂花の集まりです。
花後綿毛をつけた種子に変わり、風に乗って飛んでいきます。


種が飛んできて生えたススキ


ススキ花穂(かすい)は、
夏は
初秋から赤みを帯びたオレンジ色(赤褐色(せっかっしょく)になり、
咲きだします。


ここは人が歩く通路にもなっていますので駆除しておいた方がよさそうですねっ。

コンクリートや石の隙間から生えてくる手では取り除くことがむずかしい雑草駆除には「熱湯」が効果的です。

このくらいの大きさなら熱湯をかけると地上部はわりと簡単に枯れます。。お試しください。

(※地下茎(根)まで枯れなかった時は,,,芽がまた出てきます!)




秋の風物詩 ススキ(芒・薄)

ススキは、葉の細いものや斑入りの園芸品種もあります。

ススキに似た植物に、オギ(荻)があります。
ススキ(芒・薄)とオギ(荻)見分けるには、穂の付き方・株立ちを見ます。

詳しくは

ススキ(芒・薄)の育て方、園芸品種、似た植物 を見る
詳しくはこちら



植栽するススキの品種、枯れたススキの刈り取り、庭園や庭先に生えたススキの駆除もお気軽にご相談ください。


山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ












テーマ:花と生活
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 庭の手入れ 雑草 花壇

2018.11.02 10:07|季節の花
朝晩の冷え込みも日に日に増していきます。
虫の音に秋を感じます。

アメジストセージ11月に入ると、紫色の萼(がく)も白っぽくなり、そろそろ終わりに近づいてきました。


花の終わりのアメジストセージ



これから葉っぱがどんどん黄色くなります。


黄色くなった葉っぱのアメジストセージ


アメジストセージ(メキシカンセージ)

花後の手入れ


花が終わったら、切り戻し(剪定)をします。
根元から15cmから20cm程度を残して、バッサリと切ります。

来年また咲かせる手入れです。
冬になる前に行います。

アメジストセージは、宿根草(しゅっこんそう)です。
冬に地上部が枯れても、根まで枯れていなければ毎年咲きます。


アメジストセージの育て方・手入れ
詳しくは

庭植え(地植え)のアメジストセージの育て方 を見る
詳しくはこちら



山崎造園は、エクステリア(外構工事)・ガーデニング・造園の設計・施工を行っています。
アメジストセージ(メキシカンブッシュセージ)が一面に咲く花畑の植栽・手入れ・管理などもご相談ください。


山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ








テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 剪定 庭の手入れ 花後 花壇

2018.10.01 21:17|季節の花
停滞する秋雨前線の影響梅雨のような天気が続いています。

駐車場横の道端で「白いキノコ」を見つけました。

白いキノコ オオシロカラカサタケ 丸い傘



翌日、もう一度見にいくと、平に開いていました。


開いたのは今朝のようです。


白いキノコ オオシロカラカサタケ 傘がひらきました



これは、「オオシロカラカサタケ」ではないかと思われます。

・・・だとすると「有毒」です。


このキノコは、公園河川敷など、あちこちで確認されています。


白いキノコ オオシロカラカサタケ 植木の下



一夜にしてキノコが出現?!
芝生・庭に生える キノコ(毒キノコ)

詳しくは
芝生・庭に生えるキノコ を見る
詳しくはこちら




山崎造園では、芝生の手入れ、土壌入れ替えやフェアリーリングの防除 キノコ専用の薬剤(殺菌剤)散布も行っております。
季節に応じた芝の手入れ、年間の管理作業 も承ります。


山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ










テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 庭の手入れ 庭管理 季節の花 ガーデニング

2018.09.21 21:10|季節の花
日本唯一の大工道具の博物館竹中大工道具館に行ってみました。

行くきっかけになったのが、神戸新聞の記事でした。

------------------------
世界的旅行サイトで人気全国2位『竹中大工道具館』
(2018/8/25 11:40神戸新聞NEXT)

神戸新聞記事 世界的旅行サイトで人気全国2位『竹中大工道具館』

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201808/0011575978.shtml



------------------------

この博物館は、もともとあった中山手(神戸市中央区)から移転して、現在の場所にリニューアルオープンしたそうです。


新神戸駅から徒歩約3分。



竹中大工道具館 森のような木々に包まれ

1(博物館入口)
森のような木々に包まれた一帯が目に入りました。




2(館内入口)
ゆるやかなカーブのアプローチです。

竹中大工道具館 玄関アプローチ


ガラス張り近代的な外観木の温かみ融合した立派な建物です。



竹中大工道具館 重厚な木製の扉

3(一枚板の重厚な入口の扉

外国人の方々が次々に来られていました。



4(建物の(のき))

入口大きな木製の扉も素敵でしたが、出入りする方が興味深く見入っていたのは、屋根から垂れ下がった鎖 (くさり) のようにつながっている樋(とい)でした。

竹中大工道具館 建物入口の軒 鎖樋(くさりどい)


※これは鎖樋(くさりどい)といいます。


簡単に言うと、屋根に流れる雨水を集めて地上に導く垂直の仕掛けです。

近代的なデザインの中に、和の風情を感じました。



5(鎖 (くさり) からの雨水の受け皿)
水はねを防ぐ石と、鎖 (くさり) から流れるしずくの音も楽しめました。


竹中大工道具館 鎖樋(くさりどい)




6(木の香りが漂う館内、展示スペース)

館内 竹中大工道具館



館内の撮影もOKで自由に撮っていいそうです。 SNS・ブログへの投稿も許可をいただきました。


地上1階、地下2階は、大工道具構造展示物スペースです。

道具の展示 竹中大工道具館


7(道具の展示)

道具の形やサイズが、こんなにも種類があることに驚きでした。



巨大な鉋(かんな) 竹中大工道具館

8(巨大な鉋(かんな)と鉋くず



中国とヨーロッパの大工道具が展示されていました。

柔らかい木を使う日本と、硬い木を使う海外では大工道具の形も使い方も違うと解説がありました。



9(伐採の道具切り口の展示)

伐採の道具 竹中大工道具館




その他にも、実物大の茶室の模型がありました。

骨組みだけの茶室の中に入って中の構造も見れました!!



奥のコーナーでは 北山杉の展示もありました。

数寄屋大工数寄屋造り行程をくわしくみることができました。

台杉」についての解説も興味深かったです。



10(和の伝統美を感じさせる茶室と中庭

茶室に向かう通路 竹中大工道具館


茶室と坪庭 竹中大工道具館

敷地内にある茶室「一滴庵(いってきあん)」は、数寄屋大工による設計施工の茶室だそうです。

茶室の庭 植栽 竹中大工道具館



茶室の庭 手水鉢 竹中大工道具館

茶室の庭には、必ず手洗いとして使う手水鉢があります。


1階ロビーの展示室から茶室を眺める 竹中大工道具館

11(1階ロビーの展示室から見える茶室


今回は、茶室見学できませんでした。(一般特別公開は、春と秋にあるそうです。)




12(本館の奥 休憩スペースに向かう通路と坪庭


竹中大工道具館の通路


お庭を眺めながらちょっと一息。


竹中大工道具館 中庭


伝統を受け継ぐ確かな技術と感性

それは造園業にも通じるものがありました。


竹中大工道具館 通路の奥が休憩室です


茶室の仕切り 竹中大工道具館


竹中大工道具館 ロビーから見えるアプローチ




13(竹中大工道具館のプレート
艶消しステンレスの看板植木の緑が映えていました。

竹中大工道具館に行ってきました。 入口の看板




外国人にも有名な竹中大工道具館

先日(H30年3月17日)石井大臣が視察され、日本の木造建築の技が広く知られるきっかけにもなったそうです。
http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_006201.html

地元、兵庫県でもまだまだ知らなかったという人も多いようです。

閉館は4時30分。駆け足のように見て回りました。

個人的には、もう一度じっくり観に行きたいと思っています。



14(ロビーでいただいた竹中大工道具館のパンフレット

竹中大工道具館でいただいたパンフレット


皆様も神戸方面に行かれた際は、ぜひ一度お出かけになってみてください。






山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ









テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用

タグ:神戸 坪庭 茶室 中庭

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

yamasaki-zoen

Author:yamasaki-zoen
兵庫県宍粟市にある老舗造園業の「山崎造園」です。
庭木の手入れ・剪定・植栽1本から対応しております!エクステリア外構工事、造園土木工事はもちろん、坪庭や茶室の庭園、空き家・空き地の庭管理、倒木や枯れ木の撤去や移植、建物周囲の垣根・庭工事・増改築、庭のタイル磨き、季節の花の入れなどお気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR