2019.09.16 09:56|季節の花
一年で最も美しいとされる中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)。
令和元年の9月13日空が澄んで月がほんとうにきれいでした。

『中秋の名月(旧暦の8月15日)』は、毎年変わります。「十五夜」とも呼ばれています。
来年2020年(令和2年)は、10月1日です。

中秋の名月といえば、お月見の団子お飾りのススキと、収穫物お月様にお供えします。

中秋の名月とススキ


宍粟市北周辺でも見事なススキの絶景ポイントが多数存在します。
(撮影:2019/09/15)

秋空とススキの高原



今年は9月になっても気温が高いですが、10月にはススキの見頃を迎えます。
(撮影:2019/09/15、紫色の穂

ススキの9月は紫色の穂

日暮れ前に撮ったものです。葉と茎の緑とのコントラストが何とも幻想的な輝きでした。

これから秋が深まると、夕日を浴びて黄金色に輝くススキ和の心が和みます。


ススキは「茅(かや)」と呼ばれ、茅葺(かやぶき)屋根の材料に用いられている植物です。

ススキは茅葺屋根に使われています
(ススキを束ねた屋根)

祖父の時代、ススキは生活資源に使われていたそうです。


ススキとオギ(荻)の見分け方
詳細は、
秋の風物詩 ススキ(芒・薄) を見る
詳しくはこちら




ススキは冬になっても枯れない雑草でイネ科の多年草、大きく成長します。
地下茎を伸ばして繁殖します。
ススキの群生は本当にきれいですが、お困りの際はご相談ください。


山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ












テーマ:花と生活
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 剪定 庭の手入れ 雑草

2019.09.02 10:04|季節の花
8月中旬~9月上旬、残暑の頃に咲くトランペット型の白いユリ(百合)です。

友人宅の庭にも種が飛んできて植えてもないのに毎年咲き年々増えているそうです。

(写真:植木鉢の周辺に咲く白いユリの花)
シンテッポウユリ(新鉄砲百合)野生植物


このユリは、シンテッポウユリ(新鉄砲百合)といって、葉が細くホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)とも呼ばれています。

背丈は50cm程度のものから2mにまで成長する野生植物です。

繁殖力が旺盛で、土手や植え込みの間庭のあちこちに咲いている姿を見かけます。


テッポウユリ(鉄砲百合) と シンテッポウユリ(新鉄砲百合)を見る
詳しくはこちら




ユリの花に蟻(アリ)とアブラムシ

今年の様子をきくと「ユリの花に蟻(アリ)??,,,」と言っていました。

(写真:ユリの花に集まる蟻(アリ) )
ユリの花に蟻(アリ)が集まる


花の蜜(ミツ)を求めて蟻(アリ)が寄ってくるのかと思ったのですが、違いました!

花の外側にスジ模様のように見えるのは蟻(アリ)でした。Σ( ̄口 ̄*)


(写真:花の外側に大量の蟻)
蟻(アリ)はアブラムシに群がっていました



よく見ると、蟻(アリ)は、アブラムシに群がっていました。


(写真:アブラムシと共生する蟻(アリ))
アブラムシと共生する蟻(アリ)


蟻(アリ)は、植物の汁を吸う「アブラムシ」が排泄する液体の甘露(かんろ)が大好物です。


「このアリ、どうしたらいい?」と聞かれたのですが、アブラムシは植物の養分を吸い取ります。
要因となっている「アブラムシ」の予防対策を考えよう!と意見がまとまりました。


てんとう虫がアブラムシを駆除
庭に「てんとう虫」さんがいたらアブラムシを駆除してくれるのですが・・・見当たりませんでした(;)


アブラムシの被害枯れた花はこまめに摘み取っていきます。


広範囲にアブラムシが発生した時は、黄色の粘着テープを吊るして被害を防いでいると植物園の人から聞いたことがあります。アブラムシが黄色に寄っていく習性-を活かした駆除方法です。アブラムシの大量発生時にはぜひ試してみてください。



山崎造園では、庭のリフォーム、駐車場の改築も行っております。庭の害虫駆除、お庭の手入れを一環して承ります。多少に関わらずお気軽にご相談ください。

山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ











テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 庭の手入れ ガーデニング 庭管理 庭づくり

2019.06.04 04:44|工事
いつもお世話になってます『割烹 助六』さんの中庭改修を行ってきました。

お店の一部改修の計画があり、それに伴って雰囲気を変えるとのご希望でした。

DSC_0726.jpg
↑改修前です。

今回の計画の目的は『苔をメインに使ってシンプルな庭にする』でした。

DSC_0728.jpg
↑既存の景石を移動して奥行きを持たせます。レッカーが届かないので全て手仕事で移動しました。

建物側に景石をならべて、それに土を盛ることによって高低差をだします。

基本はモミジを植え、柔らかい雰囲気を出します。


DSC_0738.jpg
↑お店がお休みの日でしたので、女将さん自ら苔の植栽です^^






改修後
DSC_0744.jpg

DSC_0759.jpg

DSC_0756.jpg

まるで何年も前からあったようなお庭が完成しました^^


もうすぐお店の改修も始まるようです。完成が楽しみです^^
2019.05.04 19:22|季節の花
桜が散った後、5月初旬一年で最も新緑が美しい季節を迎えました。
GWは、新緑のモミジを楽しむ"青もみじ”狩りに出かけている人もいらっしゃると思います。

こちらは和風庭園にある「枝垂れもみじ(シダレモミジ)」です。

葉と枝がしだれる独特の樹形をしています。


アオシダレ(青枝垂)樹形




なだらかに垂れ下がる(たれさがる)枝は、独特の存在感があり、見る人楽しませてくれます。



枝垂れもみじ(シダレモミジ葉はやわらかく葉っぱの形は、中央の基部まで深裂した長細い切れ葉で、葉の縁(ふち)がギザギザです。


(写真:枝垂れもみじ(シダレモミジ)葉っぱ)

枝垂れもみじ「アオシダレ(青枝垂)」の葉っぱ

薄くてシナッとしています。



枝垂れもみじの品種
枝垂れもみじは、「アオシダレ(青枝垂)」と「ベニシダレ(紅枝垂れ)」があります。

今の時期、見分け一目分かります!

「ベニシダレ(紅枝垂れ)」は、新緑が「紅色」です。

「アオシダレ(青枝垂)」は、春~夏、「緑色」です。


(写真:アオシダレ(青枝垂)のしだれる姿)

枝垂れもみじ「アオシダレ(青枝垂)」のしだれ姿

シダレる姿がとても涼しげです。


お庭枝垂れもみじ(シダレモミジはいかがですか。


枝垂れもみじ「アオシダレ(青枝垂)」の枝




和の庭枝垂れる緑葉引き立ちます!



モミジ植栽(地植え・庭植え)

モミジがあるお庭 を見る
詳しくはこちら


アオシダレ(青枝垂)の剪定
枝垂れモミジはよく生長します。繁茂しすぎて手におえない、成長しずぎた背丈を調整したいなど高所作業も行っております。お気軽にご相談ください。




山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ











テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 剪定 庭の手入れ 植栽 モミジ

2019.04.13 10:39|未分類
桜も満開に咲き誇る中、今週は風も強く桜の花びら風に舞う姿もみられました。

公園の桜(宍粟市)


樹の下は散った花びらが一面に。
地に落ちた花びらもまた風情があります。


目の前に桜の花が"ポトっ"。花ごと落ちてきました。

桜の花びらが丸ごとポトッ


(あれ...?)桜の花って一輪丸ごと落ちるんだっけ?

ふとっ見上げると、

スズメさんが枝にいっぱい居ました。

「チュンチュン」さえずる声が「おはよう」と言ってるかのように聞こえました。

スズメさんは「くちばし」が短くて太く、花の蜜を吸えません。
花の付け根部分をついばむと聞いたことがあります。

その先には、落とした桜の蜜を吸いに来るスズメさんもいました。

桜の花びらに蜜を吸うスズメ


スズメさんの食事を邪魔しないように遠回りをしました。

公園を一周まわったのですが、桜が花ごと落ちているのは、あの桜だけでした。


ヒラヒラ花びらが舞う散り姿と、花ごと落ちる桜
品種の違いではなくスズメさんでした。


若葉が出はじめた桜もチラホラ。

桜の葉がチラホラ


桜は花散った後緑の葉をたくさん茂らせ、には葉を落とします

剪定時期は、落葉後から寒くなりすぎない晩秋の頃がよい時期です。


桜の剪定

サクラ(桜)の木  剪定・枝の処理 を見る
詳しくはこちら



山崎造園では、記念樹の植栽、移植工事、災害時の倒木の処理工事、被害に合った樹木の補強、公園や街路樹等のサクラの枝が伸びて歩行や自転車の妨げならないように維持管理も行っております。


山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ


















テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用

2019.03.05 08:50|季節の花
庭園の梅満開です。自然樹形の梅を見にきました。

樹高は3mあり、枝が広がるように伸び自然味がありました。もともとは鉢植えで育てていた梅を、地植えにされたそうです。

自然樹形の梅の木


晴天の空に映った梅の花です。
花びらの重なり具合に見入ってしまいました。


梅の花びら




これからにかけて 梅、桃、桜 を見かけることが多くなります。

咲く順番は、

 梅 → 桃 → 桜
 です。


は、2月から3月下旬。

 は、3月上旬から4月上旬。

は、3月下旬から咲き出します。



花弁(かべん)の違い

花を見て「これっ、桜? 梅? 桃?」迷ったことありますか?


の花びらは、先が丸くなっている。
は、先がとがっています。
は、先が分かれています。


梅桃桜の花びら違い


(英)Japanese apricotは、「梅」のことです。
梅は、バラ科サクラ属の落葉高木です。


梅の木 花後の手入れ

梅の木をお庭に植えているお宅もよくお見かけします。
『梅』は、切って育てる花木です。

梅(ウメ)は、花後に勢いよく新枝が伸び、7月頃になると枝が込み合った状態になります。
1つの枝に5~6芽残して不要な枝を間引き、風通しをよくしておきます。



詳しくは
庭木の植栽・記念樹、『梅の木』の植栽・手入れ・剪定 を見る
詳しくはこちら



梅の手入れ・・・花後、枝が茂った状態で梅雨をむかえると害虫が大喜びで繁殖してきます。(ヾ;´Д`))
1匹や2匹の毛虫ならなんとかなっても数百匹になると駆除も大変な作業です。梅の剪定・手入れ・仕立て方、病害虫等でお困りの際はご相談ください。



山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ










テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 剪定 植栽 花木 梅の木

2019.02.28 07:43|季節の花
ドウダンツツジ赤い冬芽が膨らんでいました!春はもう直ぐです!!

ドウダンツツジの枝

ドウダンツツジは、ツツジ科の落葉樹です。

ドウダンツツジの花芽
は、今年できた短い枝の先に付きます。


葉を落としたドウダンツツジの枝

※一般的に「生け垣」は常緑樹を使うのですが、ドウダンツツジは枝が密生しているため遮蔽(シャヘイ、さえぎる役目)性があり、刈り込み剪定にも強い性質です。
ドウダンツツジは、冬に葉が落ちても透けなといことから生垣や玉物(低木を丸く仕立てたもの)としても多く使われています。


ドウダンツツジの冬芽

(写真)赤い冬芽のドウダンツツジ


ドウダンツツジ漢字で「灯台躑躅」と書きます。

枝分かれしたその姿が「結び灯台」(棒をひもで結んでいる姿)に似ているところから転じられたそうです。



ドウダンツツジの剪定時期


春が来る前にドウダンツツジの剪定をすると、冬芽が付いた枝を切るということになります。
(春に咲く花は減少します,,,。)

ドウダンツツジ花付き悪い?剪定にしていませんか?

ドウダンツツジの剪定は、冬の間ではなく、が終わって5月から6月中旬頃までに行います。


ドウダンツツジ(灯台躑躅)
詳しくは

ドウダンツツジの生垣 を見る
詳しくはこちら




山崎造園では、庭木の剪定・刈込み、外構(塀・フェンス・生垣の植栽、垣根の補修・修理)工事も行っております。



山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ









テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 剪定 庭の手入れ 生垣 公園樹

2019.01.31 09:20|季節の花
青いバラ花束をいただきました。

生花の切り花です。


青いバラ 花束


多くの品種改良が出る中で、白色交じりの青いバラ。こんな混色のバラは、はじめて手にしました。


さっそく飾ろうと広げたら,,,ラッピングに青い液が付いていました。

!! (;゚д゚)ッ??  触っている手にも青い液がつきました。

青いバラ 液体が付着


葉っぱが・・・ではなく、不自然な色染まっているような・・・??

青いバラ 葉っぱ



取り扱い説明書が付いていました。

~ 「ブルーローズは、白いバラに青い色素を茎から吸わせたバラです。
 葉や茎の表面、切り口から染料が染み出る場合があります。」~



そうなんや!
・゚+ *.。゚+(o'∀'o)+..。* ・

これまで着色(インクをスプレー)した濃い青色のバラや、レインボーローズ(虹色のバラ)は写真で見たことがありました。

着色した濃い色のバラ

でも,,,撮影用というか濃い着色で染めたイメージでしたが、

今回いただいたこのブルーローズは、白いバラに青い液体を吸わせたというだけあって、とてもやさしい風合いです。


青いバラとかすみ草


小さな白い花かすみ草(霞草)引き立っていました。
 カスミソウ花言葉は、「感謝」「ありがとう」

特殊な染料
を吸わせて着色したブルーローズ
 青いバラの花言葉は、「祝福」「願いが叶う」

贈ってくれた友人からのメッセージを嬉しく思います。



花束に「切り花栄養剤」が付いていました。

花がイキイキ栄養剤

 バクテリアの繁殖を防ぎ、高い栄養分があるそうです。


技術の進化。感動喜びをありがとうございました。
(≧▽≦)

観賞後はドライフラワーにして飾らせていただきます!!



バラの手入れ
詳しくは
つるバラ(剪定と誘引)、バラの病気(黒星病・黒点病)、
つるバラ(パーゴラの設置)、バラの病気(こぶ病) を見る

詳しくはこちら



我が家では、「つるバラ」をポール仕立てにして育てています。

山崎造園では、ガーデニング用のお庭づくりや建物周辺のエクステリア(外構工事)の 設計・施工から、つるバラ用のアーチやパーゴラの取付け工事、花壇の増設・玄関周辺のリフォームまで 承っております。
お庭づくりや植栽に関することなど、お気軽にご相談ください。



山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ










テーマ:花と生活
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 ガーデニング バラ

2019.01.30 07:39|季節の花
造園業の朝は早く、作業開始時間にあわせて夜明けから動くこともあります。

きのうの昼間はぽかぽかでした。

今朝は霜が降りていました。

霜が降りました 高原


霜が降りるのは、地面の温度0度以下で、気温が2~4度で霜が降りるといいます。

霜が降りました 枯れた植物


この時期だから見てみてみたい
と思うのは、幻想的な氷の結晶 シモバシラ です。

茎の割れ目から水分が凍ってくるりと横に広がる霜柱(しもばしら)をつくりだします。


シモバシラは、別名「ユキヨセソウ(雪寄草)」ともいいます。

冷え込んだ朝に観賞でき、日が当たると溶けてしまいます。


ふたつとして同じ形がない氷の花(氷柱)
詳しくは
冬に氷の花を付け、秋に白い房状の花を咲かせる シモバシラ(霜柱) を見る
詳しくはこちら




山崎造園では、庭木・垣根の剪定(手入れ)から、坪庭や庭園の造園、店舗の庭づくり、外構工事も承っております。


山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ










タグ:兵庫県 宍粟 剪定 庭の手入れ 植栽 ガーデニング

2019.01.03 10:56|季節の花
謹んで初春のお慶びを申し上げます。

旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

本年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


平成31年 山崎造園

2019年ご挨拶


新年のご挨拶
2019年 謹んで初春のお慶びを申し上げます。を見る
詳しくはこちら



山崎造園のホームページへ
山崎造園のホームページへ









テーマ:花と生活
ジャンル:趣味・実用

タグ:兵庫県 宍粟 剪定 庭の手入れ 植栽 花木 花壇 ガーデニング

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

yamasaki-zoen

Author:yamasaki-zoen
兵庫県宍粟市にある老舗造園業の「山崎造園」です。
庭木の手入れ・剪定・植栽1本から対応しております!エクステリア外構工事、造園土木工事はもちろん、坪庭や茶室の庭園、空き家・空き地の庭管理、倒木や枯れ木の撤去や移植、建物周囲の垣根・庭工事・増改築、庭のタイル磨き、季節の花の入れなどお気軽にご相談ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR